ビジョン・メッセージ

岡山こども協会理事長 齊藤歩

働く人も輝ける職場づくりを目指して。

岡山こども協会は、保育園をはじめとする幅広い子育て支援事業に取組む社会福祉法人です。
岡山県東部のベッドタウンとして発展した赤磐市を拠点とし、保育園・こども園事業、障がい児通所支援事業、子どもセンター事業の3部門に分かれて活動を行っています。
最初は定員45名の小さな保育園からスタートした「岡山こども協会」は、創設40年の長きにわたってさまざまな事業を展開してきました。
地域で求められる声に応え続けるで、たくさんの子どもや保護者との縁が広がっています。子育て世代にとっての「第二のお家」であり、社会に貢献する「福祉ステーション」として、地域のみなさまから厚い信頼をいただいております。
こども達一人ひとりの「いま」と向き合い、幸せな暮らしを支えるためには、働く私たちにとってもまた幸せな場所であることが大切です。
私たちが運営する複数の事業所では、保育士、看護師、栄養士、事務員など多様な職種のスタッフが活躍中。各施設間で連携をとり合い、充実した支援システムの構築に取り組んでいます。
施設や事業の幅が広いため、それぞれの専門的な知識や経験、想いを共有し合えるのも特徴。現場で生まれたアイデアや意見を形にしやすく、仕事の悩みや不安も一人で抱えず、助け合いながら解決できるオープンな風土があります。
「岡山こども協会」は、スタッフ一人ひとりが豊かなワークライフを送れるように、ライフスタイルの変化に合わせた雇用体制や、キャリアアップを実現できる研修制度の実現を目指しています。また、有給休暇や独自の職員互助制度など、やりがいを持って働ける環境づくりを進めています。

私たち大人が輝いていなければ、こどもたちの瞳も輝かない。だから、
すべての職員が生き生きと働ける風土と環境を大切にしたいのです。

どんな人が園長先生なのかな?
きびしい人かな? やさしい人かな?

という疑問にちょっとだけお応えします。岡山こども協会各施設の施設長からの自己紹介メッセージをどうぞ。

各施設長からひとことメッセージ

  • 大田原 智美 おおたわらさとみ
    あすなろこども園 園長
    あすなろ子育て支援センター 所長
    卒園したこどもたちが大人になって職員として、保護者として園で再び出会う機会が増えてきました。成長した姿を見られることほど嬉しいことはありません。園での出会い、ひとつひとつが私の宝物です。
  • 花房 由美 はなふさゆみ
    さくらが丘保育園 園長
    さくらが丘子育て支援センター 所長
    こどもとかかわる仕事をしていると、人と人とのかかわりの中で「学ぶ」ことがたくさんあることに気づかされます。感性の違い、価値観の違い、生活スタイルの違いなどいろんな違いに出会うことで、感化されたり、悩んだり…。ここは、みんなが育ちあう場所です。
  • 齊藤 歩 さいとうあゆむ
    理事長・とよた保育園 園長
    「見逃し三振より空振り三振」。やらずに後悔するより、とりあえずやってみる。いろいろと悩むより、まずは行動することを大切にしてほしいです。自分から動くことで、きっと何かがうまれるはず。新しいことにチャレンジしたいという人を応援します。
  • 角田 真理 かくだまり
    とよた保育園 副園長
    周りと比べるのではなく、一人の人として接する人がいてくれること。「あなたとわたし」という視点でこどもと関わるときの対等な関係は大人も同じです。どんな時も支えてくれる仲間がいるからこそ、保育のおもしろさを感じ、挑戦し続けられるのだと思います。
  • 池田 裕樹 いけだゆうき
    さくらんぼ保育園 園長
    自分が楽しまないと、こどもたちも楽しくない!ということを意識しています。「あー楽しかった、またしようね」とこどもたちの満足した笑顔を見ることは、私の仕事へのやりがいの一つです。みなさんも、こどもたちと一緒に日々を楽しみましょう。
  • 髙原 泉 たかはらいずみ
    いちょうの森こども園 園長
    法人と出会った数十年前、経験豊かな先輩方がたくさんいて日々保育について教えていただきました。日を重ねていくうちに保育の奥の深さに気づき、憧れの先輩方の後を追いかけて日々を歩んでいます。ここにずっといたいという気持ちは今も変わりません。人が温かく感じられるのは法人の理念が根っこにあるからと感じています。
  • 平中 健 ひらなかたけし
    もみじの家・こぶしの家・かりんの家・
    わたぼうし・てつなぎ 施設長
    保育園・こども園、こどもセンター、そして根っこの広場。いろいろな施設を渡り歩いて今に至ります。楽しい時、うまくいかずに悩んだ時、どんな時も周りにはこどもたちがいて、笑顔や元気をくれます。そして常に成長できるチャンスが、この仕事にはあります。学びの姿勢を忘れず、何でも楽しむことをモットーに日々過ごしています。「何でもやってみよう」の岡山こども協会で、こどもたちの育ちを支える喜び、チャレンジできる喜び、そして自分自身が成長できる喜びを一緒に感じてみませんか。
  • 杉井 康志 すぎいやすし
    あすなろこどもセンター・さくらが丘こどもセンター・あんずの家 所長
    小学校での勤務を経て、岡山こども協会で現在施設長をしています。今までたくさんの出会いがあり、たくさんの感動がありました。人は心と心のぶつかり合いで変わっていく存在です。「出会ってよかった」、そんな人になれるよう、毎日努力しています。みなさんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

岡山こども協会の事業はきわめて多肢に渡っています。たとえば0歳からの保育、3歳からの教育、保護者のための子育て支援、小学生からの学童保育、こどもたちの居場所づくり、障がい児のためのさまざまな支援等々…、今やこども、保護者、地域になくてはならない存在であると言っても過言ではないでしょう。

したがって、岡山こども協会には、フルタイム・パートタイムを問わず、いろんな分野での専門的な仕事があります。直接こどもたちとふれあう仕事以外にも、給食、安全安心、健康、管理事務等々、ひと言では説明しきれないほどなのです。

本当は各施設においでいただいて、直接その空気に触れてもらうのが、納得できる一番の近道だと思いますが、とりあえず簡単に、岡山こども協会で日々、知恵と汗を流してがんばっている職員たちの声をまとめてみました。

というわけで、ご参考になれば嬉しく思います。

先輩職員からひとことメッセージ

  • 片桐 陽子 看護師
    医療的な分野は少ないですが、こどもの健康に関する幅広い分野に携わることができます。いろいろな経験ができて楽しいです。保健師のように保健指導を行うこともあれば、養護教諭のように健康診断などを行うこともあります。また、絆創膏を傷口だけでなく、こどもの心にも貼ってあげられるのは看護師の特権だと思います。
  • 牧 文香 保育士
    私はこの法人に入って5年目になります。職員数が多いので行事や抱えている仕事をみんなで協力してできるところが魅力です。声をかけ合ってしていくのでチームワークやコミュニケーションにもつながり、楽しく仕事ができます。個性的な人たちがいるので面白いですよ。
  • 廣田 悠喜 栄養士
    「おいしかったよ!」「また作ってね!」の言葉が給食を作る私たちの一番の源です。
    私も保育園で給食を食べていた頃から作る立場となった今、喜んでくれるかな?とこどもたちのことを想像しながら、季節のものを取り入れたりと工夫をこらして献立を考えています。
    今日もこどもたちの笑顔が広がるように。
  • 土屋 しのぶ 保育士
    産前産後休暇や育児休暇を取得した後、現場に復帰しました。只今、子育て真っ最中です。
    こどもが幼いうちは短時間勤務が可能で子育てしながらでも働ける職場なので、結婚や出産をしても働き続けることができています。
  • 西尾 亜也子 保育士
    こども1人ひとりにあった支援を考えることはとても難しいですが、これから社会に出ていくこどもたちのためにと考えると、とてもやりがいのある仕事です。
  • 大森 航輝 保育士
    私は大学を卒業して2年目です。毎日の保育の中で大変なこともありますが、この法人では様々な自分のしたいことができ、こどもと一緒に取り組むことで保育士もこどもも共に成長することができます。また、多くの先輩方がサポートしてくださるので、とても働きやすいです。ぜひ、みなさん一緒に働いてみませんか。